Archive for the ‘白髪染め’ Category

マーキング



 

ペットによってはマーキングをする種類もいます。

しかし、椅子の足や壁などにマーキングをするようになってしまうと、消臭をするのがとても大変です。
ご存じの方が多い通り、マーキングとは縄張りを主張するための大切な行為でもあります。
消臭が大変だとは言っても、本能が関係しているものなので、1度癖になってしまうとなかなか直すことができないということを覚えておきましょう。
マーキングをやめるまでは意図的にマーキングしやすいものを作り、それに消臭対策をしておくといいでしょう。

マーキングをするのは家の角や机・椅子の足などが多いはずです。
そういったものにマーキングされないように、代わりになる木の棒などを用意しておきます。
これをペットシーツで囲み、床にもシーツを置いておきます。
マーキングをしているペットの多くは、家の中にある様々なものに自分のにおいをつけることで安心できると考えています。

その理由の1つに、自分は強くなければならないという意識が関係しているとされています。
例えば、何かがあった時に飼い主を守らなければならない、そのためには家の中の全てを縄張りにしなければならないと考えてしまうことがあります。
ペットと仲良く生活していくためには、家族の中でペットの順位をはっきりさせることが大事です。

自分は家族を守るのではなく、守ってもらう立場なのだと理解できれば、マーキングを減らすことができるかもしれません。
そのためには、正しいしつけを行い、家族の中でペットの順位は1番下であることを理解させましょう。

ペットの臭い対策、間違えないで


ペットの消臭をしたほうがいい場合

ペットを飼っていても、うちの子はにおわないから消臭なんてしていないという人もいるようです。
しかし、においが気にならない人ほど消臭をしたほうがいいと言えるかもしれません。
誰でも経験があるかと思いますが、鼻につくようなにおいがある場所でも、長時間過ごしていると慣れてしまいます。
ペットを飼っている人の場合、自分の家はにおわないけれど、同じ種類のペットを飼っている人の家に遊びに行くとそこではにおいが気になると言うこともあります。
これは、自分の家がにおわないのではなく、感覚がマヒしてしると考えたほうがいいでしょう。
使っているトイレの種類や、食べさせているエサが違えば、同じ種類のペットでも発生するにおいは異なります。
そのときに、うちの子はくさくないのにこの人のペットはくさい、と考えてはいけません。
自分のペットも似たようなにおいがしていると考え、消臭をしたほうがいいでしょう。
それから、たくさんの種類の動物がいる場合、1匹のみで飼っている場合よりもにおいが強くなります。
犬だけでなく、猫や魚などたくさんの種類がいる場合、犬のみを5頭飼っているという場合よりにおいが酷くなると考えたほうがいいでしょう。
ペットの生活環境などによって発生するにおいの種類や強さは異なります。
いくつかの種類が混ざり合うと、人間にとって不快なにおいになることが多いです。
更に人間が生活しているわけなので、人間の生活臭も加わります。
これらを理解した上で、何か動物を飼っているのであれば、消臭対策をしておいたほうがいいでしょう。

 


間違ったペット消臭

ペットを飼っている人であれば、誰でも少なからず消臭対策をしているでしょう。
トイレの掃除をしたり、ブラッシングしてあげるのも立派な消臭対策です。
しかし、間違った方法を実践している人も多く、下手をするとペットにストレスを与えることになっているかもしれません。
よく、においをとるために毎日シャンプーしているという人がいます。
これは正しい知識を持っている人であれば、絶対にやらないことでしょう。
動物の皮膚はとても薄いので、刺激が強くなってしまいます。
他に、消臭効果があるスプレーなどを直接吹き付けてしまう人もいます。
もちろん、そういった目的で作られている商品であれば問題ありません。
ですが、人間の生活臭を消すためのスプレーをペットに直接吹きかけているという人もいるようです。
これは人間に直接吹きかけた場合も同じことが言えますが、安全性の面で問題があります。
また、人間にも体臭があるように、動物にも体臭や独特のにおいがあります。
それをゼロにしようとするのは間違った対策だと言えるかもしれません。
走り回って汗をかいたペットがいつもよりにおうのは仕方がないことでしょう。
エサに必要以上の消臭効果があるサプリメントを混ぜたりすると、健康を損ねてしまう恐れもあります。
においをゼロにするのは不可能だと諦め、その上で、発生してしまったにおいをどうやって取り除くか考えましょう。
換気をしたり、ていねいなブラッシングで汚れを取り除くといった方法も、ペットの消臭のために非常に大切です。

 

~おすすめ~
猫ちぐら、猫用ベッドなど猫グッズ専門サイト http://www.kocka-shop.com/

低血糖の原因となる運動

低血糖の症状は、スポーツをしたあとに現れることがあります。
空腹時にスポーツをすると、低血糖の症状が出やすいです。
日常的に体を動かしていない方が、たまにスポーツをしたときなんかも低血糖状態になることがあります。
糖尿病を患っている方であれば、「運動療法」を取り入れている方もいらっしゃるかと思いますが、無理はせずに、かかりつけのお医者さんとよく相談しながら取り組むようにするべきです。
外でウォーキングやジョギングに挑戦するのはちょっと厳しいなぁという方であれば、部屋の中でできることを考えてみましょう。
例えば、筋トレとか、階段の昇り降りをしてみる、といったことでも効果は得られると思います。
ただ、お医者さんと相談しながら無理のない範囲で運動をしているにも関わらず、低血糖状態に陥ってしまって肩を落としている方もおられることでしょう。
しかしそれは、おそらく薬の効果が向上しているためなので、「もう運動するのはやめてしまおう」などと思う必要はないと思います。
お医者さんにもきちんと運動後の状況を報告して、なぜそうなるのか確認しておくといいでしょう。
また、低血糖の症状が現れたときにすぐに対応できるように、スポーツをするときなどは、あらかじめ糖分を用意しておくといいと思います。
さらに、最初の方で触れましたが、空腹時に体を動かすと低血糖状態になりやすいので、スポーツをするときには、何かお腹にいれてからにしましょう。

ちょっとした余談ですが、妊娠中の白髪染めも、身体に多少影響があるかも知れません。
http://www.subterraneans.jp/ninshinchu.html で内容確認してみてください。

乾燥肌の保湿方法は?

乾燥した肌にはどんどん水分を与えてあげなければいけないと思っている方もいることでしょう。
もちろん、乾燥しているというのは水分が足りない状態なので、水分を与えてあげることは必要ですが、
それで終わらせてしまっては、いつまでたっても乾燥肌の解消はできないでしょう。
乾燥肌には、水分を与える他に、保湿をしてあげることが大切なのです。
保湿する成分としては、セラミドやヒアルロン酸などがあり、
セラミドは、一言で言うと肌を保護する働きをしてくれる成分です。
セラミドが不足してきちんと働かなくなると、外から不必要な影響を受けるだけではなく、
皮膚の水分も外に出ていってしまい、肌が乾燥してしまいます。
セラミドは、年齢を重ねていくと減っていってしまうので、
何らかの形で皮膚にセラミドを補う必要があります。
ヒアルロン酸は、肌に潤いや弾力を与える働きをしてくれる成分です。
ヒアルロン酸も元々体内にあるものですが、セラミド同様年齢を重ねていくと減っていきますので、
やはり補う必要があります。
乾燥肌を保湿するためにスキンケア用品を選ぶ際には、
セラミドやヒアルロン酸を含んだものが適しているでしょう。
他にもビタミンAやビタミEなどの成分が入ったものも効果が期待できます。
乾燥が進んでかゆみなどがある場合には、病院などでも保湿剤を処方してくれますので、受診しましょう。
ヒルドイドローションなどが病院で処方されるでしょう。