低血糖の原因となる運動

低血糖の症状は、スポーツをしたあとに現れることがあります。
空腹時にスポーツをすると、低血糖の症状が出やすいです。
日常的に体を動かしていない方が、たまにスポーツをしたときなんかも低血糖状態になることがあります。
糖尿病を患っている方であれば、「運動療法」を取り入れている方もいらっしゃるかと思いますが、無理はせずに、かかりつけのお医者さんとよく相談しながら取り組むようにするべきです。
外でウォーキングやジョギングに挑戦するのはちょっと厳しいなぁという方であれば、部屋の中でできることを考えてみましょう。
例えば、筋トレとか、階段の昇り降りをしてみる、といったことでも効果は得られると思います。
ただ、お医者さんと相談しながら無理のない範囲で運動をしているにも関わらず、低血糖状態に陥ってしまって肩を落としている方もおられることでしょう。
しかしそれは、おそらく薬の効果が向上しているためなので、「もう運動するのはやめてしまおう」などと思う必要はないと思います。
お医者さんにもきちんと運動後の状況を報告して、なぜそうなるのか確認しておくといいでしょう。
また、低血糖の症状が現れたときにすぐに対応できるように、スポーツをするときなどは、あらかじめ糖分を用意しておくといいと思います。
さらに、最初の方で触れましたが、空腹時に体を動かすと低血糖状態になりやすいので、スポーツをするときには、何かお腹にいれてからにしましょう。

ちょっとした余談ですが、妊娠中の白髪染めも、身体に多少影響があるかも知れません。
http://www.subterraneans.jp/ninshinchu.html で内容確認してみてください。

~admin


No Responses Yet to “低血糖の原因となる運動”

Leave a Reply