マーキング



 

ペットによってはマーキングをする種類もいます。

しかし、椅子の足や壁などにマーキングをするようになってしまうと、消臭をするのがとても大変です。
ご存じの方が多い通り、マーキングとは縄張りを主張するための大切な行為でもあります。
消臭が大変だとは言っても、本能が関係しているものなので、1度癖になってしまうとなかなか直すことができないということを覚えておきましょう。
マーキングをやめるまでは意図的にマーキングしやすいものを作り、それに消臭対策をしておくといいでしょう。

マーキングをするのは家の角や机・椅子の足などが多いはずです。
そういったものにマーキングされないように、代わりになる木の棒などを用意しておきます。
これをペットシーツで囲み、床にもシーツを置いておきます。
マーキングをしているペットの多くは、家の中にある様々なものに自分のにおいをつけることで安心できると考えています。

その理由の1つに、自分は強くなければならないという意識が関係しているとされています。
例えば、何かがあった時に飼い主を守らなければならない、そのためには家の中の全てを縄張りにしなければならないと考えてしまうことがあります。
ペットと仲良く生活していくためには、家族の中でペットの順位をはっきりさせることが大事です。

自分は家族を守るのではなく、守ってもらう立場なのだと理解できれば、マーキングを減らすことができるかもしれません。
そのためには、正しいしつけを行い、家族の中でペットの順位は1番下であることを理解させましょう。

~admin


No Responses Yet to “マーキング”

Leave a Reply